Corporate企業情報

Message社長メッセージ

社長メッセージ

ロートニッテンは、眼科医でもあった神谷貞義博士が1961年に眼科領域に特化した製薬会社として「日本点眼薬研究所」を設立しました。以来、「すこやかな視界への挑戦」という理念を掲げ医療機関や患者様に防腐剤無添加点眼薬の「PFデラミ容器」など「目にやさしい点眼薬」の提供を続けて参りました。

2020年には一層の社業発展を願い「目の健康を守り社会に貢献する」という志を同じくするロート製薬のグループの一員となりました。そして創業60周年を機に2022年4月から、社名を「ロートニッテン株式会社」に変更し、ロート製薬の医療用点眼薬事業の中核として共に歩むことに致しました。新社名は「ロート製薬」と「日本点眼薬研究所(ニッテン)」の両社の名前を併せることで、両社が和協・努力し新しい価値を創造・拡大させることを約束しています。

2021年にはロート製薬の「総合経営ビジョン2030」に呼応する形で当社の中長期ビジョンVision 2030を纏めました。Vision2030では当社にかかわるすべての人々の「Well-Being」を実現するために事業領域を、これまでの点眼薬事業にコンタクトレンズ事業と医療機器事業を加え、ロート製薬のグループ企業として医療用眼科事業全般を担うこととし、点眼薬事業からさらに事業領域を広げることで、患者様や医療機関の皆様のより広い期待にお応えし社会に貢献していきたいと思います。当社は社会の公器として事業を通じて社会に新たな価値をもたらし、社会貢献によって当社は持続的な発展を目指します。それゆえ、短期的利益のみを追い求めるのではなく、中長期的な課題に取り組み、結果として頂く利益を、支えてくれる皆様と分かち合い「Connect for Well-Being」を実現します。ロート製薬の「NEVER SAY NEVER」のスローガンを受け継ぎ、新しいチャレンジをし続けることで高く困難な目標も達成していく所存です。

これからも皆様の尊く、大切な日常生活に欠かせない「すこやかな視界」を守れるように、社員一同、一層の努力を続けて参ります。

代表取締役社長

和田政勝
pagetop