事業紹介

Business introduction事業紹介

医薬品事業

医薬品事業

当社は1965年の消毒剤PAヨード発売以来、トラニラスト点眼薬など医療用眼科むけ医薬品で眼科専門医薬品会社として知られてきました。さらに、これら先発医薬品をはじめ、先発品と同等の処方で患者様がお求め易い価格の後発医薬品、さらにアデノウイルス診断薬キットなど医療用点眼薬・診断薬事業を行っています。特にPFデラミ容器の防腐剤無添加の後発医薬品は当社オリジナルのもので自社工場で生産し高い品質と安定供給を実現しています。

コンタクトレンズ事業

コンタクトレンズ事業

2021年4月より ロートブランドのコンタクトレンズの営業活動を開始しています。ロート製薬(株)では1995年からC3(シーキューブ)ブランドでコンタクトレンズ点眼薬やケア剤を販売していますが、 その後、1999年よりコンタクトレンズ自体も販売をするようになっていました。このロート製薬が担っていたコンタクトレンズの販売活動を2021年4月当社で受け持つこととなりました。コンタクトレンズは海外の協力工場で生産していますが、人の手の介在が少ない自動製造ラインで製造し高い品質と低コストでコンタクトレンズを製造しています。

医療機器事業

医療機器事業

2021年1月より「(株)カネカ」よりロート製薬(株)が承継した「涙道カテーテル事業」の販売を受け持つこととなり、 医療機器である涙道チューブの販売を開始しました。その後もオリジナル開発品である白内障手術用医療機器の「I/Aハンドピース」も発売し先生方が白内障手術の際、「より安心で安全に」お使いいただける機器として発売しています。

pagetop